1. 4.2.3.歌詞

「4.2.3.」の歌詞 中島みゆき

1998/3/18 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
べていくための仕事しごとにひとやすみして わたしはTVをつけた
ねむらぬたびのあれこれを まれたまちいやそうとこころみていた

明日あしたにはこのまちにもゆきがちらつくだろうと 季節きせつはずれの天気てんき予報よほうながれていた
けきった5時半じはんそらほそめて チャンネルをえた

中継ちゅうけいという文字もじ そしてわたしひとみ爆風ばくふうきつけて
ながあいだ見慣みなれてしまっていたしろひらたい石造いしづくりの建物たてものから
朱色しゅいろほのおいしくれがきあがる瞬間しゅんかんだった
ゆらゆらとねつのかげろうはあがり
やがてしろけむりから土色つちいろけむりとなって建物たてものからしていた

昨日きのうまでと今日きょうちがうものなのだと
ひとはふいにおもらさせるのだね

ありのようにくろ人影ひとかげはしひそめる すすはな
どうせTVのなかのことだとかんがえることもできず かんがえないわけにもいかず
ただわたしだれなにつたえようとしているのか
それだけにみみかたむけた それだけにみみかたむけた

おおきな救急車きゅうきゅうしゃとびらひろひらけてかまつづけている
担架たんかかたにかつがれ しろ姿すがた人々ひとびとはこされる

日本人にほんじんたすけられましたと 興奮こうふんしたリポート
ディレクターのこえもエンジニアのこえもいりじっている

人質ひとじちっています元気げんきそうです笑顔えがおですとリポートはつづけられている
そのときひとかたまりのくろ姿すがた人々ひとびと担架たんかかこんでとびして

リポーターは日本人にほんじんっていますとだけ嬉々ききとしてかたつづける
担架たんかうえにはくろすすけた兵士へいし

うで担架たんかからぶらがり 足首あしくびがグラグラとれる
兵士へいし胸元むなもとあかいしみがひろがる
兵士へいしかたかれじゅうが ためらいがちに仲間なかまによってせられる
担架たんかはそれきり全速力ぜんそくりょくでいずこかへとはこされてゆく

日本人にほんじん元気げんきっていますとリポーターは興奮こうふんしてつたつづける
くろありのようなあの1人ひとり兵士へいしのことはひとことれない 一言ひとことれない

日本人にほんじん家族かぞくたちをよろこばせるためのリポートは れることなくつづ
しかしあの兵士へいしにもちちははつまもあるのではなかったろうか
ありのようにくろすすけたかれにも くろすすけたかれにも

あのくにひとたちのただしさを ここにいるわたしはかれない
あのくにたたかいのただしさを ここにいるわたしはかれない

しかし見知みしらぬ日本人にほんじん無事ぶじよろここころがあるひとたちが何故なぜ
すくいしてくれた見知みしらぬひとにはこころはらうことがないのだろう

このくにあぶな
何度なんどでもおなじあやまちをかえすだろう 平和へいわのぞむといながらも
日本にっぽんいていないものにならば いくらだってつめたくなれるのだろう

あわてたときひと正体しょうたいあらわすね

あのくになか事件じけんわり
わたしなかではこのくにへのおそれが くろほのおきあげはじめた

4.2.3.・・・・・・ 4.2.3.・・・・・・
日本人にほんじん人質ひとじち全員ぜんいん無事ぶじ
4.2.3.・・・・・・ 4.2.3.・・・・・・
4.2.3.・・・・・・ 4.2.3.・・・・・・