「HALF」の歌詞 中島みゆき

1986/11/12 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてあなたをかけたときだれよりもなつかしいがしました
とおむかしからってたような とてもなつかしいひとおもえて
のせいでしょうとそれきりいそがしく ときながれてゆくついやす日々ひび
きずつけきずつくにがたびなかわたしあなたのことおもしたわ
つぎまれてときは めぐりおうとちかったね
つぎまれてときはなれないよとちかったね
なんで遠回とおまわりばかりしてきたの
わたし ちかいをわすれて今日きょうまで
わたしたちは こうしてさすらいながら
この人生じんせいもすれちがってしまうのですか

だれでもいいほどさみしかったけれど だれからももらえはしないあいだった
とお彼方かなた ちかった約束やくそくを やっとおもす でもおそすぎて
いたくていたくて たましい半分はんぶんりなかった
人違ひとちがいばかりくりかえすうちに 見失みうしなうばかりの大切たいせつひと
つぎまれてときは めぐりおうとちかったね
つぎまれてときはなれないよとちかったね
なんで遠回とおまわりばかりしてきたの
わたし ちかいをわすれて今日きょうまで
わたしたちは こうしてさすらいながら
この人生じんせいもすれちがってしまうのですか

つぎまれてときは めぐりおうとちかったね
つぎまれてときはなれないよとちかったね
せめてつたえたい うし姿すがた
わたし おぼえていたよといまさらなのに
もう一度いちどちかいなおすことができるなら
このつぎまれてときは きっと