「今は何も言わずに」の歌詞 中島卓偉,森重樹一

2015/3/1 リリース
作詞
森重樹一
作曲
中島卓偉
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんだけをしんじてた
自分じぶんだけをあいしてた
てられた子猫こねこみたいに 一人ひとりだった

たった一人ひとりながみちあるいてたのだと
勘違かんちがいでも かまわないから ただよいたかった

かず こころこえみみさないで
真顔まがおくずさず 不正直ふしょうじき不誠実ふせいじつえんじていたから

しず夕陽ゆうひてる
何故なぜなみだまらない
空白くうはくひろがって
やがて共鳴きょうめいするだろう
さびしくなんかないさ
さびしくなんかはないはずと
つよがるむね隙間すきま
かぜなにわずに わらってた わらってたよ

あきらめと てられない ちいさなプライドとを
天秤てんびんにかけたら 風来坊ふうらいぼうでも 気取きどっていたい 気取きどれたらいいのに

きみ寝顔ねがおてる
何故なぜなみだまらない
静寂しじまうすまって
やがてあさるのだろう
むなしくなんかないさ
むなしくなんかはないはずと
うそぶくむねはすすり
きみなにわずに わらってて わらっててよ

自分じぶんだけをしんじてた
自分じぶんだけをあいしてた
てられた子猫こねこのように 一人ひとりだった

しず夕陽ゆうひてる
何故なぜなみだまらない
空白くうはくひろがって
やがて共鳴きょうめいするだろう
さびしくなんかないさ
さびしくなんかはないはずと
うそぶくむねはすすり
いまなにわずに わらってて わらってて わらっててよ