「古い教会」の歌詞 中島卓偉,Fried Pride

2015/3/1 リリース
作詞
中島卓偉
作曲
中島卓偉
文字サイズ
よみがな
hidden
ふる教会きょうかい賛美歌さんびかくのがきだった
ふる教会きょうかいびたとびらはきちんとまらなくて
ふゆ隙間風すきまかぜはいってきてコートがげなかった
ってるあいだはそんなこともわすれてしまうのだけど

ふる教会きょうかいちいさな結婚式けっこんしきがあった
わらかおさびしげな花嫁はなよめ春色はるいろのブーケをいもうとげた
このパイプオルガンはだれいているんだろう?
ってるあいだだけは孤独こどくやわらいでくのだけど

なにためまれてきて なにためきてるんだろう
レンガのこう しずんでゆく夕日ゆうひいかけて

ふる教会きょうかいのステンドガラスはひどくほこりをかぶり
真夏まなつ日射ひざしもとどかないから だれもがすずみにおとずれてた
さっきからこっちばかりてるおとこった
ポケットからガムをそっとすと
「ミントのガムは苦手にがてさ」とって せきってしまったけれど

なにしんだれあい何処どこかえばいいんだろう
レンガのこう げてゆく夕日ゆうひわらわれて

ときぎて ふる教会きょうかいこわされる
ブルドーザーは一緒いっしょ年老としおいたレンガをたいらげた
今日きょうこのまちに17かねはじめてらなかった
教会きょうかいこわされてくのを町中まちなかひといた
いつのかこの場所ばしょ教会きょうかいがあったことすら
だれもがみんなわすれてしまうのだけど…