「月さえ眠る夜に」の歌詞 中島卓偉

2006/5/24 リリース
作詞
中島卓偉,鈴木祥子
作曲
タカハシアキラ
文字サイズ
よみがな
hidden
ためらわずはなしてよ きっとらくになれるから
ひと晩中ばんじゅうかかっても ぼくきみのそばにいる

タクシーもあたらない ねむりにつく日曜日にちようび
れたこおり蹴飛けとばして ぼくきみをふりかえる

いつから無理むりしてまでわらくせがついたの?
こわれそうないたみだけをしまいんで

つきさえねむよるきみ横顔よこがお
そして言葉ことばはもうくたびれてかえ場所ばしょをなくしてる
明日あすちかづいても だまったままでも きみことわかってあげたいんだよ

夜明よあけまでひらいてるカフェ しあわせそうなひとたちは
どんならししているのか ぼくだまってかんがえる

人間にんげん関係かんけいなんて面倒めんどうくさいものさ
きずつくのはきみがいつも素直すなおだから

つきさえねむよるとふたりのなみだ
うるんだたらビルのかりが まるでルビーみたいだよ
うごはじめたまちのこされても あの部屋へやにふたりでかえればいい

つきさえねむよる
つきさえねむよるに…