1. PUNKY SIXTEEN BOY歌詞

「PUNKY SIXTEEN BOY」の歌詞 中島卓偉

2015/4/8 リリース
作詞
中島卓偉
作曲
中島卓偉
文字サイズ
よみがな
hidden
高校こうこう受験じゅけんせずに一人ひとり上京じょうきょうしてはじめてんだのは
東京湾とうきょうわんめんした 江東区こうとうくの「東雲しののめ」ってまち
まだお台場だいばにテレビきょくもなくて
臨海りんかいせんえきとおってなくて
最寄もよりは地下鉄ちかてつ有楽町線ゆうらくちょうせんの「豊洲とよすえき」だけだった
「6a」の出口でぐちがったらだだっぴろい「晴海はるみどおり」
豊洲とよす病院びょういん」がくだけで あとは倉庫そうこだった
東雲しののめばし」のうえまると
べと湿しめったかぜがカモメと一緒いっしょしおかおりをはこんできた

みで新聞しんぶん配達はいたつをしながら 風呂ふろしの三畳さんじょう一間ひとま
ミュージシャンになることを夢見ゆめみ新聞しんぶんくばった
すくない給料きゅうりょう全部ぜんぶレコードに
それまでふとってた身体からだせて
栄養失調えいようしっちょうになっても PUNKやるには格好かっこうがついた
都会とかいひとはみんなつめたくて 感情かんじょううだけで
かぜあおられらばった新聞しんぶん誰一人だれひとりひろってはくれなかった
辰巳たつみばし」のうえから運河うんがとした夕刊ゆうかんうみへとながれてくのをながら
くやしくていた

二丁目にちょうめ団地だんち」から朝焼あさやけ シルエットだけの東京とうきょうタワー
赤紫色せきししょくそらかるレインボーブリッジ
東京とうきょうあされててるのは自分じぶんだなんて自惚うぬぼれながら
このまちにもこれほどの景色けしきがあるんだってことをったとき
だれともかちえもしないなみだ

STAY FREE…

YOU'RE JUST A ONLY PUNKY SIXTEEN BOY
BELIEVE!EVERYTHING MUST GO NEVER LOOSE YOUR DREAM
STAY FREE…JUST A ONLY PUNKY SIXTEEN BOY
YES, EVERYTHING GONNA BE ALL RIGHT

うたをやることに反対はんたいしてた親父おやじはあっけなくて
ぽっかりいちまったこころにささくれっていった
だれ自分じぶんをわかってくれない
無理むりまってんだろとわらわれて
それでもいつか見返みかえしてやると 毎日まいにち毎日まいにちきょくいた
心配しんぱいでたまにかおせるはは改札かいさつおれつけると
「どうしてちゃんとべんのね」と たびせてくおれぱたいた
「こげなこといますぐにめて もう福岡ふくおかかえってんか」と
なみだかべながら 何度なんどぱたいた

東京湾とうきょうわんすさかぜがいくつもの水門すいもんやぶ
すようなさむさにくちびるれっぱなしだった
だいいち貨物かもつ」のへいりかかり ゆめ見失みうしないかけたとき
THE BEATLESとPUNKとROCK'N ROLL
THE BEATLESとPUNKとROCK'N ROLL
それだけがおれべてくれた

STAY FREE…

YOU'RE JUST A ONLY PUNKY SIXTEEN BOY
BELIEVE!EVERYTHING MUST GO NEVER LOOSE YOUR DREAM
STAY FREE…JUST A ONLY PUNKY SIXTEEN BOY
YES, EVERYTHING GONNA BE ALL RIGHT