1. ひとり歌詞

「ひとり」の歌詞 中島美嘉

2005/6/8 リリース
作詞
Satomi
作曲
松本良喜
文字サイズ
よみがな
hidden
あかまるまち
かげ舗道ほどう
いた ふたりは
何処どこったの?

そっとってく
季節きせつのなか
のこされた
ぼくだけ…

素直すなお
よわさをせる
ことさえ
できずにいた
不器用ぶきよう
あいだった

もう一度いちど あのときの
ふたりにもどれるのならば
まよわずにきみのこと
きしめ
はなさない

くろまるよる
ひざかかえて
きみといた
おもかえすよ

きっと おさなすぎて
えずにいた
あい
意味いみ

あのとき
むねもった
幾重いくえ
おもさえ
おともなく
けてゆく

もう一度いちど あのよる
いますぐもどれるのならば
ってゆくきみ
きしめ
きとめよう…

勝手かってなことだと
ひゃく承知しょうちうえだよ
すぐじゃなくていい
ぼくはひとりでつづける

きみといたおも
いながらきている
なさけないぼくだけど
いまでも
わすれられない

もう一度いちど あのときの
ふたりにもどれるのならば
まよわずにきみのこと
きしめ
はなさない