1. 声歌詞

「声」の歌詞 中島美嘉

2008/11/26 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
まくらかかいた日々ひびは もう とおゆめなか
ときひとなみおぼれてゆく感情かんじょう

かたちのあるものしかしんじない めたわたしでも
かたちのないものを いつのきしめてねむってた

こえにならないこえ言葉ことば出来できないおもいを
ひとつひとつひろって
あなたのそのむねげつけられたなら…

わたしきて いまも こうして声張こえはげて
づいてくれないなら それでいいと
こなしてきたいのちでも

わたし此処ここにいる”と かげわたしえがくの
つけてほしい なぞってほしい
夕日ゆうひしずまえ

ひかりやみって 毎日まいにち前向まえむきにはじまるの
ゆめ夜空よぞらえがくだけではえてしまう そうって

かなしすぎる笑顔えがおうれしすぎてつたなみだ
ひとつひとつかさねて
あなたのそのむねきつけられたなら…

わたしきたい いまも こうして声張こえはげて
げるおもいなら
きっといつか めてくれるよって

あなたのなかわたしきてるとかんじたいの
たとえわたしが あなたの世界せかい景色けしきだったとしても

わたしきて いつか このこえだけがのこって
づいてくれたひと
あいもときしめてくれるのなら

わたしきてきて こうして声張こえはげて
うたつづける きるまで
あなたへとつむいでゆく

わたし此処ここにいるから…