1. 桜色舞うころ歌詞

「桜色舞うころ」の歌詞 中島美嘉

2005/2/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
桜色さくらいろ うころ
わたしは ひとり
さえきれぬむね
くしてた

若葉色わかばいろ ゆれば
おもい あふれて
すべてを見失みうしな
あなたへながれた

めぐる木々きぎたちだけが
ふたりをていたの
ひとところにはとどまれないと
そっと おしえながら

枯葉色かれはいろ めてく
あなたのとなり
うつろいゆく日々ひび
あいへとわるの

どうか木々きぎたちだけは
このおもいをまもって
もう一度いちどだけふたりのうえ
そっとらして

やがて季節ときは ふたりを
どこへはこんでゆくの
ただ ひとつだけ たしかないま
そっときしめていた

雪化粧ゆきげしょうまとえば
おもい はぐれて
足跡あしあとしてく
音無おとなき いたずら

どうか木々きぎたちだけは
このおもいをまもって
永遠えいえん」のなかふたり とどめて
ここにつづけて

めぐる木々きぎたちだけが
ふたりをていたの
ひとところにはとどまれないと
そっと おしえながら

桜色さくらいろ うころ
わたしは ひとり
あなたへのおもいを
かみしめたまま