「つよがり」の歌詞 べるぜバブ ED 中川翔子

2011/6/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつ、ふたつ りないものを
かぞえるのはもうやめた
昨日きのうまでのえないぼく
今日きょうでサヨナラしたいよ

まもる、ようで まもられて
いつからかつよくなる
つなぐぬくもりが
なくチカラくれる

つよがりだよ、でもめたんだ
いかける まぶしい明日あす
いつかのぼくうつして
とどくようにとねが

めない展開てんかい きたいとき
弱虫よわむしけそうな
ぐっと、まえ見据みすえたら
何度なんどだって またあるそう

ひとつ、ふたつ づきはじめた
ありふれた日々ひびなか
える景色けしき 自分じぶんしだいで
すこしずつわっていく

出会であい、わかれ くりかえし
つづいてくこのみち
ふたりった
奇跡きせき背中押せなかおすんだ

まよいながら、でもしんじたい
ぼくつよくなれるはずと
大丈夫だいじょうぶ」そう、かせて
きみ笑顔見えがおみせた

肝心かんじんなコト えないとき
くやしいキモチ えた
きっと、いつかのぼくらが
今日きょうぼくほこれるだろう

つよがりだよ、でもきみとなら
どこまでもすすんでゆける
いつかのぼく目指めざして
とどくようにとねが

つめたいあめたれたとき
本当ほんとうはくじけそうな
ぐっと、まえ見据みすえたら
何度なんどだって またあるそう