1. 午前六時歌詞

「午前六時」の歌詞 中川翔子

2009/4/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねえ まよんだ
こいのラビリンス してよ

キミに出会であってから幾度いくどとなく
ねむれぬよるごしてきた
たわいもない会話かいわがフラッシュバック
いたら方午前四時がたごぜんよじ

メールないかな
そんな期待きたいくらいしてもいいよね
ダメですか?

あのキミがおしえてくれたのは
やさしくてせつないこの気持きも
こんなにもだれかをおもうなんてはじめてなの
……くるしくてむねいた

わたしのようにキミにもやっぱり
きなひととかいたりするのかな
たしかめたい でもそんなの無理むり
どうしよう 自信じしんてないよ

明日会あしたあえるかな
そんな期待きたいくらいしてもいいよね
ダメですか?

あのキミがおしえてくれたのは
なおせないこいいたみでした
ちぢまらないこの距離きょり永遠えいえん?
そんなのいや
午前五時ごぜんごじ 一人ひとりいた

さびしいってったら
いにてくれた
つないで二人ふたりでおかけ
キミのはなしはとても可笑おかしくて
なかいたくなるほどわらった
たのしい気分きぶんひるごはんは
仲良なかよならんでべたりした
夕闇迫ゆうやみせまかえりのみち
おもきしめてくれた

じたらぬくもりがえた
めてゆめなんだとった
められない なみだがあふれして
キミにいたい

午前六時ごぜんろくじ つたえようとめた
ねがうだけおもうだけじゃりない
のこってる背中せなかうで感触かんしょく
ゆめじゃなくて
本当ほんとうにしてもらえるように