「残酷な天使のテーゼ」の歌詞 中川翔子

2007/5/2 リリース
作詞
及川眠子
作曲
佐藤英敏
文字サイズ
よみがな
hidden
残酷ざんこく天使てんしのように 少年しょうねん神話しんわになれ

あおかぜがいま むねのドアをたたいても
わたしだけをただつめて 微笑ほほえんでるあなた
そっとふれるもの もとめることに夢中むちゅう
運命うんめいさえまだらない いたいけなひとみ

だけどいつか気付きづくでしょう その背中せなかには
はる未来みらい めざすための羽根はねがあること

残酷ざんこく天使てんしのテーゼ 窓辺まどべからやがて
ほとばしるあついパトスで おも裏切うらぎるなら
この宇宙そらいてかがや少年しょうねん神話しんわになれ

ずっとねむってる わたしあいりかご
あなただけが ゆめ使者ししゃばれるあさがくる
ほそ首筋くびすじつきあかりがうつしてる
世界中せかいじゅうときめて じこめたいけど

もしもふたりえたことに 意味いみがあるなら
わたしはそう 自由じゆうるためのバイブル

残酷ざんこく天使てんしのテーゼ かなしみがそしてはじまる
きしめたいのちのかたち そのゆめ目覚めざめたとき
だれよりもひかりはな少年しょうねん神話しんわになれ

ひとあいをつむぎながら 歴史れきしをつくる
女神めがみなんてなれないまま わたしきる

残酷ざんこく天使てんしのテーゼ 窓辺まどべからやがて
ほとばしるあついパトスで おも裏切うらぎるなら
この宇宙そらいてかがや少年しょうねん神話しんわになれ