「涙星」の歌詞 中川翔子

2010/10/6 リリース
作詞
松隈ケンタ
作曲
松隈ケンタ
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれかけてたおさな日々ひび
いつもくじけそうなよるには
だれらないこの場所ばしょ
ほしねがいかけた「とどけ」と

えるかなとどくかな あのそらまで
もうすこしあとすこちかづいてる?
何度なんどでも何度なんどでも しずみかけた気持きも
笑顔えがおえて

ナミダながした時間じかんだけ
きっと未来みらいかがやいてるから
あきらめないでその気持きも
ゆめはすぐそこにあるから

はる何万光年なんまんこうねん彼方かなたから
とおこえひび
夜空よぞらかべた涙星なみだぼし
ぼくかたりかけた「大丈夫だいじょうぶ」と

もどれないもどらない あのころなら
おものアルバムに 片付かたづけて
いつまでもいつまでも
つぶやいていた言葉ことば
運命うんめいえて

ナミダのかずかぞえながら
なや日々ひびなんてえなくていいから
とどまらないでその場所ばしょ
ゆめはすぐそこにあるから

ナミダながした時間じかんだけ
きっと未来みらいかがやいてるから

ナミダのわけぬぐえたら
どんな苦難くなんえれるから
最後さいご最後さいごわらえる
そんな日々ひびになりますように