1. 永遠なるもの歌詞

「永遠なるもの」の歌詞 中村一義

2011/3/23 リリース
作詞
中村一義
作曲
中村一義
文字サイズ
よみがな
hidden
あぁ、部屋へやのドアにつづく、ながてないみち…。
平行線へいこうせん二本にほんだが、るくらいは…。

あぁ、すべてが人並ひとなみに、うまくきますように。
くらいだなんてうなって。すべてよ、運命うんめいおもうままに。

きゅうにね、あなたはう…。「やっとわらえそうだっていうときに、
わかんなくなって、けない、わらえない…」。

あいが、すべての人達ひとたちに、けられてますように。
一回いっかいかんがえなかった。「かたってるよ」とかって茶化ちゃかして。
すべては笑顔えがおのために。

悪者わるもの孤独こどくが、みんな、わかるかい?
旅人たびびと!」とか、みんなは、そううだけ。
予報よほうによりゃ、やつが…そうか、もうか…そうかぁ…ちるそうだ。
そこへ。

きゅうにね、あなたがう…。「なんかにわれていたみたい…。
もう、冗談じょうだんじゃないし、けるし、わらえる…。なんだかなぁ…」って。

感情かんじょうが、すべての人達ひとたちに、そそぎますように。
ふるいよ。だって性分しょうぶんだ。そうだ。そうだ!
いい。まだ僕等ぼくらは、この調子ちょうしで。
そうだ。スヌーピー大好だいすきなやつが、じゅうタールけガイでもいい。
あおいよ。だって性分しょうぶんだ。
すべては、みこころのままに。すべては、あの“なすがまま”に…。
すべての人達ひとたちりないのは、
ほんのすこしの博愛はくあいなる気持きもちなんじゃないかなぁ。

あいが、すべての人達ひとたちへ…。
あぁ、すべてが人並ひとなみに…。
あぁ、すべてがしあわせに…。
あぁ、この幼稚ようち気持きもちが、どうか、永遠えいえんでありますように。

―僕の人生は、バラ色に変わったーっ!!―