「魂の本」の歌詞 中村一義

2011/3/23 リリース
作詞
中村一義
作曲
中村一義
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜんで、んだふりしてたら、んだ。こう、両手りょうてで。
世知辛せちがらんないが、ってないんじゃ、やってんだ。

電線でんせんたば今日きょうあかいた状態じょうたい直感ちょっかんで。
はこなかってなぁ重傷じゅうしょうで、もう、さっぱわかんないからねぇ。

なにも、かにも?(られ、しやって。)
ただ僕等ぼくら絶望ぜつぼうの“ぼう”をしんじる。
なんか、わかんないかなぁ…って。

かぜんで、っこったって、いいや。って、ねぇ涙君なみだくん
ぼくたましいほん今日きょうのみんなをしるすんだ。

何遍言なんべんいったってつうじやしない、ってこたぁいといて、ぼかう。
されっとか、そんなんは、もう、さっぱわかんないからねぇ。

「だれも、かれも…」(からっぽに、みついて。)
この言葉ことばつづきをつづる、ただの自由じゆうへ。
なんか、わかんないかなぁ…って。

(さちを、みを、まもる。)

「そんなのない」って、そうだっけ!?もう…。
ただの地球ちきゅうで??
「なんにもない」っていたって、もう、
あんま関係かんけいない冗談じょうだん、わかんないからね。