1. 見世物小屋から歌詞

「見世物小屋から」の歌詞 中村中

2012/4/18 リリース
作詞
中村中
作曲
中村中
文字サイズ
よみがな
hidden
だれていて ぼく綱渡つなわた
つまさきはいま ちゅうとらえた
ていて ぼくちるのを
できるだけ たわけてみせるから

ひとによくおもわれたくて きれいな衣装いしょうられています
見栄みえるのがはだ馴染なじんで もうげないふくになりました

いつのころからだろう 人生じんせい先細さきぼそ
足元あしもともおぼつかないけど 後戻あともどりだけはできなかった

だれていて ぼく綱渡つなわた
んだまま いき出来できない
ていて ぼくちるのを
できるだけ たわけてみせるから

んだかかとだらけ 荷物にもつならすべててたけど
はだかになってみたのになぜか このからだだけがてられない

本当ほんとうまえみちがのびていたとして
ぼくはそれにがついた途端とたん ひとあしでそれをはずすだろう

だれていて ぼく綱渡つなわた
きみかお さかさまにうつるよ
ていて ぼくちるのを
わらってよ らさないでいて

あぁていて ぼく綱渡つなわた
つまさきはいま ちゅうとらえた
ていて ぼくちるのを
できるだけ おどけてみせるから