1. すみれ色の空に歌詞

「すみれ色の空に」の歌詞 中村雅俊

2008/6/25 リリース
作詞
マシコタツロウ
作曲
マシコタツロウ
文字サイズ
よみがな
hidden
たった一度いちどのおまえ旅路たびじおく花束はなたば派手はでではないけど
すみれいろしたひとやすみのそら ちいさなしあわあせしてまもれよ

正直しょうじき馬鹿ばかなもんか 真実しんじつこぶしだから
うそつるぎなど粉々こなごなしんじたならけるな

れたよるこうに まぶしすぎるあさ
わらわれてもそうさ きずつけるよりましだろう
こころ一輪いちりんあいいていればそれでいい
かぜがほらはなびらをらせば さあある

いいとこばかりせていたいけど 駄目だめところこそれてもらえ
あたらしてそれでもだれかのむねねむりたい それがおとこだろう

あやま台詞探せりふさがして 言葉選ことばえらぶくらいなら
しずかに背中せなかってやれ 「おれからもうはなれるな」

れたよるこうに まぶしすぎるあさ
わかりあえぬかなしみ とどかないねがいもある
まようときこそが人生じんせいみぎひだり明日あした
こたえならそこにある 過去かこなど もうくな

れたよるこうに まぶしすぎるあさ
わらわれてもそうさ きずつけるよりましだろう
こころ一輪いちりんあいいていればそれでいい
かぜがほらはなびらをらせば
すみれいろしたひとやすみのそら ちいさなしあわあせしてまもれよ