「傾く想い」の歌詞 中村雅俊

2003/9/17 リリース
作詞
大津あきら
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
むねくずれて なみだしあてた
見知みしらぬこいやぶれたおまえせつなくて

きかかえても はなれたとし
れてゆきそうな口唇くちびるめて ながれるよる

まえだけがらない
大人おとなこい階段かいだんのぼ
綺麗きれいになった

はしせない勇気ゆうき
かたむいてくる そのおも
まるで二人ふたりこわれてまわる回転木馬かいてんもくば

まえこころもる
かなしみをはらうのは
不器用ぶきようきじゃないと
せん言葉ことばでもないと まどっているのさ

あの夏服なつふくのおまえもど
かぜをはらんだひとみ不意ふいにダブってゆく

こいってまもなく
髪型かみがたたわぐおまえがずっと
まぶしくえた

ぬぐいきれないなみだ
せるだけのこのうで
ときおもらずにまわる回転木馬かいてんもくば

まえいま手離てばなせば
くるしみはけてゆくけど
不器用ぶきようきじゃないさ
せん言葉ことばでもないさ
今夜こんや

はしせない勇気ゆうき
かたむいてくる そのおも
まるで二人ふたりこわれてまわる回転木馬かいてんもくば
まえこころもる
かなしみをはらうのは
不器用ぶきようきじゃないと
せん言葉ことばでもないと まどっているのさ