「夢一途に」の歌詞 三国志 ED 中村雅俊

1985/3/21 リリース
作詞
大津あきら
作曲
和泉常寛
文字サイズ
よみがな
hidden
何故なぜまえささや
もう むねとどかないの
おれつめるひとみ
ただ よるこわれるだけ

途切とぎれたくちづけ
さまようなみだわけ
たずねてはさそうけど

こいゆめ一途いちず
きずつく薔薇ばら
かぜらされながら
れるから
こころかせて おとこおんなのまま
せて 身体からだごとに

何故なぜがおめて
もう くちづけをきらうの
うでをほどく仕種しぐさ
ただ ほしまたたくだけ

はなれたぬくもり
かなしい素肌すはだいろ
あたためてもやれない

だれれも ゆめ一途いちず
きずつく薔薇ばら
よるきながら
こぼれるから
なみだかせて おとこおんなのまま
ねむらせて 今宵こよいだけは

こいゆめ一途いちず
きずつく薔薇ばら
かぜらされながら
れるから
こころかせて おとこおんなのまま
せて 身体からだごとに