「時」の歌詞 中村雅俊

1976/11/1 リリース
作詞
塚原将
作曲
小椋佳
文字サイズ
よみがな
hidden
街角まちかど偶然ぐうぜんあった
とても とても とお
ほんのすこくびをかしげて
微笑ほほえくせおぼえていました
にすくった巻貝まきがい
こえたしろ潮騒しおさい
あなたのまわりにこえます
ときながさがあるなんて
だれがげたのですか
ぼくはあのきみ姿すがた
いまつめることができるのに

街角まちかど偶然ぐうぜんあった
とても とても とお
きみきないろわらず
あわあわむらさきでしたね
いつか手紙てがみくはずの
あさまでさがしたこと
いまでもこころんでいます
ときがすべてながすなんて
だれがったのですか
ひとりげたふゆうみ
なみつめたさがぼくなかにある

街角まちかど偶然ぐうぜんあった
とても とても とお
しあわせをたずねる戸惑とまど
どうしてかけないぼくです
ひらいたばかりのはなかおり
はるのどやかなひろがりが
あなたのまわりにさざめいてます
ときはもとにもどれないと
だれがめたのですか
こころなかにあこがれが
いまもふくらんでゆくとかんじているのに