「未来が眠る日々」の歌詞 中村雅俊

1988/7/21 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
鈴木キサブロ-
文字サイズ
よみがな
hidden
かないでくれよ せつなくなるなるから
鉄橋てっきょう列車れっしゃ窓明まどあかりがぎてく
ありふれた未来みらいえらんでゆくこと
ゆるしてほしいと はずした指輪ゆびわ
かえたけど できないよ…って
ほおにあてて何度なんどいた

二度にどあいえないおれたちなのに
あいしてるとかずにいられなかった

かなしすぎるきみおもよりおれ
ひとつきりの未来みらいあげたかったよ

れかけたきずなたしかめるように
何度なんどったのことをはなすね
せつないおもいしかさせられなくて
おれのことをうらんでいるか
どんなひとらしていてもこころ
ずっとここにいる…って 馬鹿ばかなひとだよ

かえらぬあいいまおれたちをはなさない
ぎた日々ひびふたつの未来みらいねむ

二度にどあいえないおれたちなのに
あいしてるとかずにいられなかった

かえらぬときいまおれたちをはなさない
ぎた日々ひびふたつの未来みらいねむ