「雨のハイウェイ」の歌詞 中村雅俊

1992/2/1 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
鈴木キサブロー
文字サイズ
よみがな
hidden
はげしくもとめあった あのぬくもりを
いまでもむくろはおぼえている
おれさけこえ背中せなかをむけたまゝ
ていったおまえの姿すがた

すれちがうトラックたちのうなりごえ
地響じひびきをたててむねをゆする
おまえのまぼろしさそいこむやみへと
くるまはしらせてゆく

あめのハイウェイ けむむこうに
きつくあてなど なんにもないのさ
あめのハイウェイ っているのは
見知みしらぬまちの ホテルのベッドさ

どんなにはなれてゆく旅路たびじよりも
おまえがいなくなったよるとお
だれにもられずに荒野こうやしずんでゆく
夕陽ゆうひなげきのようだ

あめのハイウェイ けむむこうに
きつくあてなど なんにもないのさ
あめのハイウェイ っているのは
見知みしらぬまち酒場さかばにおいさ

あめのハイウェイ りゆくまち
あめはげしくふりきってゆく
あめのハイウェイ っているのは
見知みしらぬまち見知みしらぬおんな