「風もない週末」の歌詞 中村雅俊

2003/9/17 リリース
作詞
夏目純
作曲
荒木真樹彦
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあまえ かみにおれる気配けはい
まぼろし さがした ひとりのシーツ
あのふゆとどくものは なにもなくて
むなしい自分じぶん寝返ねがえった
あいじゃないと だれえるだろう
あなたが ぼくを わかりすぎたわか
わすれられないおんなわる
だれより うつくしいまま
ゆるしながら なににくんでゆくの?
もう けない ちいさなからだ
とおくで ふるわせながら
いつも ぼくあいしてた
それが むすべないいとでも

たせない約束やくそくでも うれしかった…」
気遣きづか言葉ことばねがいがあった
ミルクばかりれたコーヒーや
些細ささいなことで なやぎる背中せなか
わすれられないおんなわる
面影おもかげ いかけながら
ながつづけて おぼえていたい
わけだと わかってうよ
もいちど まれるいのち
そこで めぐりあえたら
二度にどと さよならはわない

こいかなしみ うたったLOVE SONG
いつの時代じだいえないように
わすれられない おんなわる
あなたを いかけながら
ながつづけて おぼえていたい
もう けない ちいさなからだ
ひとりで ふるわせないで
ぼくは ずっとあいしてる
むねきない刻印きおく