1. うつつの花歌詞

「うつつの花」の歌詞 中森明菜

2003/5/14 リリース
作詞
松井五郎
作曲
マシコタツロウ
文字サイズ
よみがな
hidden
生乾なまがわきの
きずだろうに
さみしくてがせば
またあかながれる

こころはなぜ
あてもなしに
ひとをおもまよ
みにくはなたね

しいならうばうまで
だれだってよご
ひとつしか
ないものもあるでしょう

いていていてどうする
もろいところばかり あいんでかばう
はな はかないはな
あざのようにのこるだけの
ながゆめるだけ

みずはとうに
れてるのに
いろだけはあざやか
そんなこいほどまる

ここにあるしあわせは
どこかで不幸ふしあわ
神様かみさま
あやとりが下手へたでしょう

いていていてどうなる
いたいところばかり せて他人ひと嘲笑わら
はな 綺麗きれいはな
そばにおいて手懐てなずけても
なにもこたえないのに

えないいとをたぐり
ありもしないあま日々ひびさぐりながら
えない孤独こどくだけを
ふかむねいてねむ
とお夜明よあつだけ