「原始、女は太陽だった」の歌詞 中森明菜

1995/6/21 リリース
作詞
及川眠子
作曲
MASAKI
文字サイズ
よみがな
hidden
こいちて
わたしきて
孤独こどくという氷河ひょうが
さまよった
不幸ふこうあいされた
運命うんめいはまた
このこころ
まねくけど
太陽たいようのぼはだかむね
いまかなしみさえ
きるちからえてく
だれだれだれだれだれ
うらんでないわ
ねぇ だれだれだれだれだれ
だからつめて
るぎない
わたしのすべてを
ゆめまよこころなが
むくわれないおもいに
ただれてた
あさを むかえるため
よるること
おしえたのは
そら大地だいち
原始げんしまれた
おんなのように
ただ ありのままに
あいを もとめてゆきたい
だれだれだれだれだれ
なぐさめないで
ねぇだれだれだれだれだれ
だけどかんじて
きしめた
わたしのすべてを

やみけてく
かぜがざわめく
よわささえけとめた
わたしがいる
おとこまれてあなた
なにがよかった
ねぇおんなまれてわたし
きっと よかった
ああだれだれだれだれだれ
なぐさめないで
ねぇだれだれだれだれだれ
だけどかんじて
きしめた
わたしのすべてを
わたしのすべてを
わたしのすべてを