「夜のどこかで」の歌詞 中森明菜

1994/9/2 リリース
作詞
夏野芹子
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
背中せなかあわせの うそづくなんて
ないふりして 無口むくちになる毎日まいにち
だれのこともきずつけずに
きてゆけるならいいけど
やさしさも うそてる
いつも自分じぶんがわからなくてひと
こころをさらけだせたなら
星座せいざわたしなれないかな
見上みあげたら かぜつよくて
いまなら素顔すがおもどれるはず よるつばさなか
よわ気持きもちすべてを
いまはほおにこぼせるわ
いまだけ素顔すがおもどれたなら
いたいひとがつく
鼓動こどう高鳴たかなやすらぐまま
いとしいまましんじて

あいおぼえた最初さいしょはたしか
どんなまよいも よろこびだとかんじた…

よるひろさに戸惑とまどえば
星座せいざときらしてたの
見上みあげたら かぜつよくて
あなたのなみだがこぼれたなら
のこらずめよう
あつかなしみがいま かたゆめこえるわ
あなたのなみだかわくまでは
よわひとのままでいい
明日あしたになるまで
そのいたみもそのねがいもねむって

背中せなかあわせの うそづくなんて