1. 月華歌詞

「月華」の歌詞 中森明菜

1994/10/5 リリース
作詞
松井五郎
作曲
梶原秀剛
文字サイズ
よみがな
hidden
よる
ただいたかった
ひとりが つらくて
きっと
ひとときの なぐさめが
しいのでしょう
くちびる夕月ゆうづきになった
つめられながら
そっと
やさしさを
ただ あげられたら
いいのに
きしめて
ゆめせて
あなたのかわ
いやすまで
はなのない おんなでなど
いたくない
きしめて
あいにふれて
名残なごしさに
れるまで
まぼろしませるのも
覚悟かくごして ねむるから
Ah こいは Ah どこへ

ながかみ みだすほど
もっと
なみだわすれる きっと
永遠えいえんづかない
しあわせもいい
きしめて
ゆめせて
つめのさきまで
なにもかも
わかぎわ おもまで
かくすから
きしめて
あいにふれて
めまいのように
一度いちどでも
きずついてくるしむほど
いとしさが ふかくなる
Ah ふたり Ah どこへ

きしめて
ゆめせて
きしめて
あいにふれて
さみしさに
ゆめせて
ためいきで
あいにふれて
きしめて
ゆめせて
きしめて
あいにふれて
さみしさに
ゆめせて…