1. 水に挿した花歌詞

「水に挿した花」の歌詞 中森明菜

1990/11/6 リリース
作詞
只野菜摘
作曲
広谷順子
文字サイズ
よみがな
hidden
三日月みかづきからプラチナの
ひかりがもれる
気配けはいにめざめた
部屋へやのかたすみに
れる天使てんし
くるぶしまで
のびている
レースのすそは
つばさのかわりに
はかなく ひらめき
あまかたりかける
さぁ 少女しょうじょのころに
かえしてあげましょう
かつてあいされた
もう一度いちどとりもどせるわ
あなたは たぶん
あどけなさで ねむ時刻じこく
彼女かのじょかたにもたれながら
やすらぐのね

こいするとき 永遠えいえん
しばりはしない
だれもがきずつき
罪深つみぶかいけれど
それもいとおしいわ
ああ ごめんなさいね
ついては ゆけない
かたちをかえたいた
ふたたびれるだけ
花瓶かびんはながしおれそうで
にかかるの
孤独こどくみずすことさえ
わすれていた
こうして ひとり
かたいて ゆめをみるわ