1. 無縁坂歌詞

「無縁坂」の歌詞 中森明菜

2007/6/27 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
はははまだわかころ ぼくをひいて
このさかのぼるたび
いつもためいきをついた
ためいきつけば それで
うしろだけはちゃだめと
わらってたしろ
とてもやわらかだった
うんがいいとか わるいとか
ひと時々ときどき くちにするけど
そういうことって たしかにあると
あなたをみてて そうおも
しの不忍しのばず 無縁むえんさか
かみしめるような
ささやかなぼくはは人生じんせい

いつかしらぼくよりも
ははちいさくなった
らぬまにしろ
とてもちいさくなった
はははすべてを こよみきざんで
ながしてたんだろう
かなしさやくるしさは
きっとあったはずなのに
うんがいいとか わるいとか
ひと時々ときどき くちにするけど
めぐるこよみ季節きせつなか
ただよいながら ぎてゆく
しの不忍しのばず 無縁むえんさか
かみしめるような
ささやかなぼくはは人生じんせい