「紡ぎ唄」の歌詞 中森明菜

2003/5/14 リリース
作詞
川江美奈子
作曲
川江美奈子
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのう今日きょうちがいさえも
気付きづかないうちにくしてた
まどうつった季節きせつ ひとりでにめぐって

むねまったまま
ねじのかたわすれたわ
ゆめとうつつの狭間はざま 一人ひとりきり たゆたい

わたし闇夜やみよひとみらして
もどらないはずひと つづけているの
きたい もう一度いちど
あなたの足音あしおと
あぁいまこのときうすれてく記憶きおくかげたちは
千切ちぎれたいとよう

だれかがドアをたたいても
こころとびら けられない
じて ただとおぎるのをつだけ

わたし闇夜やみよおもいをつむいで
とどかないあいうた うたつづけてるの
二度にどとはあなたをかせること
出来できないとってても
まらない こえにならないうた
からまるいとよう

うそいたみも裏切うらぎりもてたゆめ
あなたがいればどうでもいい

わたし闇夜やみよひとみらして
もどらないはずひと つづけているの
きたい もう一度いちど
あなたの足音あしおと
あぁいまこのときうすれてく記憶きおくかげたちは
千切ちぎれたいとよう