1. 花よ踊れ歌詞

「花よ踊れ」の歌詞 中森明菜

2006/5/17 リリース
作詞
夏蓮
作曲
羽場仁志
文字サイズ
よみがな
hidden
色褪いろあせたはな かぜにふるえて
なに夢見ゆめみず ただっている

どこへ けるとうの てんあげて
あきらめたらわり 突然風とつぜんかぜさけ

それは孤独こどくえない孤独こどく てなくつづく ピルエット
もとめていたの かわいていたの かたくちびる じたまま
おいでちからねむったちから 今新いまあたらしく まれるの
もっとはげしく もっとやさしく 色鮮いろあざやかに くために

今日きょうまでずっと わすれられてた
情熱じょうねつという ひとつのつぼみ

だれの ためにでもなく てんあげて
おどちいさなはな かぜをあやつりながら

それはひかりよ あふれるひかり まぶしさにじるけど
まぶたうらやみらして からだがす ねつがある
ごらんほのおよ はじけるほのお 今鮮いまあざやかに えあがる
きてるかぎあいするかぎしてれない このはな

それは孤独こどくえない孤独こどく てなくつづく ピルエット
もとめていたの かわいていたの いつもくちには しないまま
おいでちからねむったちから 今新いまあたらしく まれるの
もっとはげしく もっとやさしく 色鮮いろあざやかに くために