1. 茜色の風歌詞

「茜色の風」の歌詞 中森明菜

2009/8/26 リリース
作詞
新屋豊
作曲
新屋豊
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだこぼれた くも隙間すきまから
幾重いくえおもいが わりを
ひとつ ひとつ ちぎれては
いつしか季節ときえてく

ひとりおか茜色あかねいろかぜ けてく
あのに もうもどれないと ぼく背中せなかを そっとすよに

ずっとしんじてた この物語ものがたり明日あすつづっていくと

なみだこぼれた きみこころ
ちかった 約束やくそく こたえはなくて
きみぼく何処どこかうと
かぜ行方ゆくえたずねて

しろいきはずませ つきひかりで ずっとはなしてた
うなずせた微笑ほほえこころりんいているよ

つよがってみても こころはいまも きみ姿描すがたえが

なみだこぼれた 星座せいざ記憶きおくから
つながった軌跡きせき光失ひかりうしな
かぞれない 後悔こうかいうず
いつしかやみ

ともにあゆめない 未来みらいなんだとしても
せめて今夜こんやだけは ただいたくて
こえきたくて… ひとり

なみだこぼれた くも隙間すきまから
ふたつのねがいが わりを
ひとつ ひとつ ちぎれては
かぜ行方ゆくえに まかせて