「難破船」の歌詞 中森明菜

1987/9/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たかがこいなんて
わすれればいい
きたいだけ いたら
まえちがあい
えてくるかも
しれないと
そんなつよがりを
ってみせるのは
あなたをわすれるため
さびしすぎて
こわれそうなの
わたしあい難破船なんぱせん
れたつばさ ひろげたまま
あなたのうえ
ちてきたい
うみそこしずんだなら
きたいだけ
いてほしい
ほかのだれかを
あいしたのなら
いかけてはけない
みじめなこい
つづけるより
わかれのくるしさ えらぶわ
そんな ひとことで
ふりむきもせず
わかれたあのあさには
このさびしさ
りもしない
わたしあい難破船なんぱせん
おろかだよと わらわれても
あなたをいかけ
きしめたい
つむじかぜ
をまかせて
あなたをうみしずめたい

あなたにえない
このまち
こんひとりあるいた
だれもかれも
らんぷりで
無口むくちなまま とおりすぎる
たかが恋人こいびと
なくしただけで
なにもかもがえたわ
ひとりぼっち
だれもいない
わたしあい難破船なんぱせん