「風と太陽」の歌詞 中森明菜

2002/5/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだがこぼれて きずついていたんだとはじめておもえた
足元あしもと大地だいちはないてた
千切ちぎれそうなはなわたしなみだ役立やくだつのかしら

ここからあるそう
すべてわすれて

地球ちきゅうにてのひらをあてた
宇宙そらはいまも膨張ひろがる

いのちあるかぎり こころあるかぎ
がすほどのおもいはまれつづかぜはやまない
ときまらない

だれかのこころれるとわかるの
太陽たいよううつした水平線すいへいせんをみんな かかえていると
あこがれはとおむねいたむのに めざしてしまうね
やめられもしないし わけもわからず

うみすこんでみたよ
宇宙うちゅうかんじたかった

いのちあるかぎ勇気ゆうきれない
自分じぶんはいるのに自分じぶんさがつづまよってしまう
いのちあるかぎり こころあるかぎ
がすほどのおもいはまれつづかぜはやまない
リズムはやまない