「魔法の鏡」の歌詞 中森明菜

1994/3/24 リリース
作詞
荒井由実
作曲
荒井由実
文字サイズ
よみがな
hidden
魔法まほうかがみってたら
あたのくらしうつしてみたい
もしもブルーにしていたなら
偶然ぐうぜんそうに電話でんわするわ

できることならもう一度いちど
わたしのことをおもして
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから

きょうもおんなじ夜空よぞらした
あなたもきっとねむ時間じかん
手帳てちょうにつけた誕生日たんじょうび
そっととおくでおいわいするわ

こんなときにはどうしても
あなたにいにきたいけど
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから

できることならもう一度いちど
わたしのことをおもして
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから

あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから
あれが最初さいしょ最後さいご本当ほんとうこいだから