「君は僕の太陽」の歌詞 中河内雅貴

2009/9/9 リリース
作詞
ma-saya
作曲
上田晃司
文字サイズ
よみがな
hidden
かよれたみち途中とちゅう きみきだったはな
今年ことしおな場所ばしょいているよ

んだそらしたで ふざけって自転車漕じてんしゃこいで
いつもぼくらは 未来まえだけをていた

まるでゆめのように
はげしいあめ二人ふたり
いた

きみぼく太陽たいよう いまもずっとわらない
もう一度いちどこのつよきしめたい

おもいがあふれて こえしてさけんでも
わすれることなど 出来できやしない
このむねいたみ…

ビルもまちひと景色けしきはまだあのころのまま
なのにどうして ここにきみはいない

はしかぜのように
すべてをかる
けるなら

きみぼく太陽たいよう いまもずっとわらない
もう一度いちどそのつめてほしいのに

さよならわずに とお旅立たびだったきみ
何度なんど何度なんどつたえたい
このむねいたみ…

めぐる季節きせつなか
こころおぼえたひと
永遠えいえん

きみぼく太陽たいよう いまもずっとわらない
もう一度いちどこのつよきしめたい

きみぼく太陽たいよう いまもずっとわらない
もう一度いちどそのつめてほしいのに

さよならわずに とお旅立たびだったきみ
何度なんど何度なんどつたえたい
ずっとあいしてる…