「彼女のレインブーツ」の歌詞 中田裕二

2013/9/18 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
すここのみとちがった だけどかれてしまった
さりげない出会であいとは かけはなれていた
薄化粧うすげしょうだと余計よけいいろしろさが目立めだって
季節きせつ馴染なじんでた

たまにした 無防備むぼうび言葉ことば
やけにつよちからはなってる

だからもっと きみさらにもっと
りたくなった
ぼくにもっと 余地よち
あたえてよ
つぎはもっと たしかめてみたいな
予感よかん微熱びねつ
こい引力いんりょくまかせて

空色そらいろかさひろ黄色きいろのレインブーツひかった
少女しょうじょ面影おもかげいまだにただよって
ちいさなかたすぼめて 肌寒はださむくもぞら
見上みあげる横顔よこがお

しみせずに みをこぼしてよ
それだけでぼくすくわれる

だからもっと きみさらにもっと
りたくなった
そばにって ひとみなかもっと
せてよ
つぎはもっと たしかめてみたいな
予感よかん微熱びねつ
こい引力いんりょくまかせて

だからもっと きみさらにもっと
りたくなった
ぼくにもっと 余地よち
あたえてよ
つぎはもっと たしかめてみたいな
予感よかん微熱びねつ
こい引力いんりょくまかせて

こい引力いんりょくまかせて