「ジェラシーの向こう側」の歌詞 中西保志

1994/7/27 リリース
作詞
夏目純
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
まなざしで しばりたい
くちびるだれを かばう
めて わかりたいのは
さよならじゃない
そのゆびすべ
くだるグラスのように
とりみだす きみなみだ
どうすればいい

ドアのない孤独さびしさから
なにみたかったの?
いきまるほど
ゆるしたい ぼくがいる
きみいて ねむりたい
もどせる気持きもすべてで
むね隙間すきま うばいたい
ぼくきみになるまで

秘密ひみつさえ 過去かこになる
本当ほんとうあいれば
このうでをゆだねて わすれればいい
こえもなく すれちが
こいてさる勇気ゆうきより
ジェラシーのこうまで
あいしたい ぼくがいる
きみいて ねむりたい
しんじられるあさるまで
ひとりづつじゃあるけない未来みらい
きみるまで

どこまでも はなさない
かなしみじゃ われない

きみいて ねむりたい
もどせる気持きもすべてで
むね隙間すきま うばいたい
ぼくきみになるまで

きみいて ねむりたい
しんじられるあさるまで
ひとりづつじゃあるけない未来みらい
きみるまで