「君が微笑むなら」の歌詞 中西保志

1992/8/10 リリース
作詞
中西保志
作曲
大森俊之
文字サイズ
よみがな
hidden
しずかによるけて
昨日きのうまでの世界せかい
わってゆく
こころにはかぜをはらんで
まれたての日差ひざしを
身体からだけとめて
きみ微笑ほほえむなら
ほかなにもいらない
きみきらめくのなら
その瞬間とき
“ためらい”という
言葉ことばはいらない
ひとりのくるしみじゃない
かちよろこ
つけたい
言葉ことばえたなにかが
えが未来みらい
いのめて
なみだこぼれるなら
ぼくむねでふけばいい
みちまよいながら きみ
はるかなゆめ
さがしにきたい

きみ微笑ほほえむなら
ほかなにもいらない
きみかがやくのなら こころ
ためらいという
言葉ことばはいらない
生命いのちあふれる地球ほし
幾億千いくおくせん
出会であい”たちが
かたりかける
ドラマをえて…
ぼくまえ
きみだけをている