「唇のかたち」の歌詞 中西保志

1995/10/21 リリース
作詞
夏目純
作曲
富田素弘
文字サイズ
よみがな
hidden
何度なんども このみち
きみある
何度なんどきみかた いた
もう コートのなか
つなぐことも ないのに
きみおもった
去年きょねんのセーターの
そでこる
ちいさなくちびるのかたち
いてるのをかくすように
かおをつけて
最後さいごにあやまっていたよね
おもして なんになると
かせるむねおく
きる意味いみより
いまきみ
りたいとおもった

あかるくって
大人おとなぶって
なみだをごまかしていたい
運命うんめいだと
あきらめてしまえるなら
わすれる努力どりょくなどしないさ
ゆめえば つらくなるよ
目覚めざめた瞬間とき
いないなんて
一人ひとりきりでも つよくなれる
そんなこと うなよ

ちいさなくちびるだまとき
ひとみでわかりあう気持きも
ねえ ぼくらはいつのまに
あいぎて
わかったフリ
だけをしたの?
おもして なんになると
かせるむねおく
きる意味いみより
きみしい
そのねがい ちぎった
ゆめえば つらくなるよ
目覚めざめた瞬間とき
いないなんて
一人ひとりきりでも
つよくなれる