1. 最後の雨歌詞

「最後の雨」の歌詞 中西保志

1992/8/10 リリース
作詞
夏目純
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならつぶやきみ
ぼくかさ のこして
けだしてゆく
かなしみ 街中まちじゅう
銀色ぎんいろけむって
きみだけ せない
最後さいごあめ
れないように
けて
ただ
瞳閉ひとみとじた
本気ほんきわすれるくらいなら
けるほど
あいしたりしない
だれかにられる
くらいなら
つよいて きみこわしたい
ほどいたかみひろげて
ぼくよる つつんだ
やさしいひとさ…
不安ふあんなみにさらわれる
すなしろ こわくて
だれかをもとめたの?
つよがりだけを
おぼえさせたね
微笑ほほえみは もう
二人ふたりゆめない
本気ほんきわすれるくらいなら
けるほど
あいしたりしない
さよならをったくちびる
ぼくのものさ きみわすれない

明日あしたきみ
すくえるあい
ぼくじゃない でも
このまま つめている
言葉ことば出来できないのがあい
言葉ことばでは きみつなげない
ないあいがとまらない
かさてて
あめ見上みあげてた
本気ほんきわすれるくらいなら
けるほどあいしたりしない
だれかにられるくらいなら
つよいて
きみこわしたい