「たったひとつの愛を」の歌詞 中西圭三

1994/3/23 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
中西圭三
文字サイズ
よみがな
hidden
ひか街路樹がいろじゅ
きみあしめる
にぎわうまちひとなみ
ひとりぼっちで

ゆき前兆まえぶれのそら
見上みあげるなみだ
いくつかなしいゆめがあふれて
さびしさったの

いつかひとりのひとが
きっときみつけすよ
そのせつなさは
あい出逢であうためにあるから

とおなつ
きみわら写真しゃしん
ずっと大事だいじにしているわけ
だれらない

こおりいきいて
雪空ゆきぞらした
よわこころきみささえる
わらぬ笑顔えがおで…

あの夏服なつふくころ
かなしいおもして
やさしいことは間違まちがってないと
何度なんどでもがつくよ

たったひとつのあい
きるためにまれたんだ
あいいたんだこころにだけ
かるゆめだよ

いつかひとりのひとが
きっときみつけすよ
そのせつなさは
あい出逢であうための道程みちのり