「はじまりの虹」の歌詞 中西圭三

1995/9/21 リリース
作詞
朝水彼方
作曲
中西圭三
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがそばにいたころから
せつないときにはここへたよね

いつか一度いちどだけふたりで
あざやかなそらをそこでたから

かなしみをりこえたとき
はじまりのにじがかかる
きみがそうおしえてくれた
このむねいまでもおもすよ

どこへけばいいのだろう
時折ときおりひとりでかんがえたくて

なにえなくなるように
なみだがあふれて まるけど

かなしみをりこえたとき
はじまりのにじがかかる
それぞれのあめこうで
あたらしいこころにめぐりあえる

いつだってわすれはしない
はじまりの場所ばしょをずっと
いまはもう一人ひとりでいても
これからのゆめだけがえてくる

今瞳いまひとみまえ
はじまりのにじうつ
それぞれのあめこうで
あたらしいこころにめぐりあえる