1. 光のかけら歌詞

「光のかけら」の歌詞 中西圭三

2008/3/19 リリース
作詞
中西圭三
作曲
中西圭三,コーニッシュ
文字サイズ
よみがな
hidden
いかけて いかけても
けてえゆくようで
ゆめゆめても
あわいろうしなって

途切とぎれるこころめないで
まるときもあるから
ここにいるよ そばにいるよ
いきったら またあるそう 二人ふたり

たったひとつたしかなことは きみはひとりじゃないこと
おな景色けしきなかをゆこう
たとえそれが遠回とおまわりでも 一緒いっしょきる日々ひび
すべ記憶きおくきざんで
あめかぜなみだ笑顔えがお
まぶしすぎる いとしき日々ひび いつまでも

いたくて いたくて きみまちへといそ
きしめて きしめて かけがえのないあい気付きづ

まよ明日あすおそれないで
ちつくすよるもあるから
ここにいるよ そばにいるよ
ひかりえたら さああるきだそう ふたりで

たったひとつの大切たいせつなのは ありのままにきること
どんな自分じぶんあいして
たとえそれがいたみをんで きみひかりうばっても
こえんでるほうへ うそもかけひきも わなあらそいも
まっすぐなら らないから どこまでも

ずっとまえからそうまってたようだね

たったひとつせつないことは いつかわりがくること
みんなそこへとあるいている
だからいま大切たいせつなんだ いまあいしすぎるんだ
気付きづあいへのプロローグ
ひかりかげゆめ現実げんじつ
つづいてゆくこころたび まっすぐに