1. 十六夜の月歌詞

「十六夜の月」の歌詞 中西圭三

2003/7/30 リリース
作詞
中西圭三
作曲
中西圭三
文字サイズ
よみがな
hidden
とおこえてくる まつ囃子ばやしおと
またあたらしい季節きせつ げているようです
いくつの風景ふうけいに あなたをかさわせて
やさしさの記憶きおく きざんだでしょう

何処どこまでと かぜにきいたゆくさき
いまもなお あるいている おなみちまだ場所ばしょ

ちて ちて たされぎて
なぜか こころかげとす
れて れて ただせつなくて
ためらうわたし十六夜いざよいつき

まばゆくきらめいた 夢見ゆめみころぎて
やさしさのかたち いまはわかるのです

あのから ひとつひとつ大切たいせつ
かなうなら このゆめめないで ずっと

ちて ちて たされぎて
なぜか こころかげとす
れて れて ただせつなくて
戸惑とまどわたし十六夜いざよいつき

ちて ちて たされぎて
なぜか こころかげとす
れて れて ただせつなくて
ためらうわたし十六夜いざよいつき

いつか いつか あなたのひかりで
こころ すべてがらされて
ずっと ずっと ただうれしくて
かがやわたし十六夜いざよいつき
かげなどわすれた 十六夜いざよいつき