1. 夢の果てまで歌詞

「夢の果てまで」の歌詞 中西圭三

1994/3/23 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
中西圭三
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなかさぐりであるくみたいに
さびしさときてた あいにもづかず

あいしてる…とはじめてきみから
われたとき きたいがした

おびえながらじょうをおろしたこころ
こえたんだそのいちばんあたたかい言葉ことば

おもだればない出来事できごと
大切たいせつおもえる いまでは

きみがいるこころはささやかな日々ひび
ゆめよりもとおくへあざやかにうつ

ほしした最終さいしゅう列車れっしゃ
すべしたホームをあるいた

そっとったにも真夏まなつ気配けはい
んだそらぼくきみ眼差まなざしで見上みあげる

はなれてもひとりじゃないとかんじてる
このほしにあふれるすべてで

綺麗きれいね…とささやくこえがするほう
あるいてくまっすぐゆめてまでも

ありがとう…きみがいてくれてよかった
ありがとう出逢であえて

綺麗きれいね…とささやくきみのそのこえ
ゆめよりもとおくへあるける

このほし横切よこぎるすべての瞬間じかん
きみ最初さいしょ最後さいご出来事できごと