「月の上に腰かけて」の歌詞 中西圭三

1995/9/21 リリース
作詞
大江千里
作曲
中西圭三,佐橋佳幸
文字サイズ
よみがな
hidden
西にしそらよるとりかえしてく
むせかえるようなねつを アスファルトにのこして

ひとなみされ あるつかれたら
とりとめのないメロディー くちづさんでみようか

ひとみいたゆめ
かなわない いたみをむね
今日きょうわるから

つきうえこしかけて
ほしくずをみほそう
おもかがやくまで
一晩中ひとばんじゅうさわごう

おなふねって 時間ときながされても
くせないものがあると ぼくらはしんじてる

だれかをきずつけて
せつなさ やるせない気持きも
かりあえたから

つきうえこしかけて
ひか影見送かげみおくろう
あのころおなじように
他愛たあいないことはなそう

つきうえこしかけて
ほしくずをみほそう
おもかがやくまで
一晩中ひとばんじゅうさわごう

みみをすましたなら うたがあふれてく
なつかしいあのメロディ くちづさんでみようか

Na Na Na…