1. 焦がれて歌詞

「焦がれて」の歌詞 中西圭三

1995/9/21 リリース
作詞
朝水彼方
作曲
中西圭三,佐橋佳幸
文字サイズ
よみがな
hidden
胸深むねふかい ためいきが
あなたには とどかない
そんなよるが ここにあった
えつづける こいがあった

かなしくて かなしくて
人混ひとごみに えるように
からだだけが 日々ひびごし
こころだけで いていたよ

おもいながら よるごし
おもいながら あさにつづく

つかみきれなくて なにかがよわくて
そばにいるようで 背中せなかてる

わかりきれなくて なにかがちがって
きしめたようで すりぬけてゆく

くるしんで くるしんで
このこえれるまで
からだだけが 日々ひびごし
こころだけで いていたよ

おもいながら よるごし
おもいながら あさにつづく

かえして かえして
かえして かえして

おもいながら よるごし
おもいながら あさにつづく