「何度目の青空か?」の歌詞 乃木坂46

2014/10/8 リリース
作詞
秋元康
作曲
川浦正大
文字サイズ
よみがな
hidden
校庭こうていはし反射はんしゃしてた
だれかがわすれた蛇口じゃぐち
大事だいじなものがずっと
ながちてるようで
かぜみみふさいでた

ぼくこころ片隅かたすみにも
しっはなしのなにかがあるよ
このままじゃいけないとそうづいていたのに
ないふりをしていたんだ

膨大ぼうだい時間じかん
なにだってできる可能性かのうせい
自由じゆうはそこにある

何度目なんどめ青空あおぞらか?
かぞえてはいないだろう
しずみまたのぼ
たりまえ毎日まいにち
なにわすれてる
何度目なんどめ青空あおぞらか?
青春せいしゅん見逃みのがすな
夢中むちゅうきていても
ときには見上みあげてみよう
(れたそらを)
いま自分じぶん無駄むだにするな

蛇口じゃぐちみずれてみたら
そのつめたさにましたよ
ほとばしるみずしぶき あたえられたいのち
てのひらおもたかった

いつかやるつもりと
あたまなかおもってても
永遠えいえんみじか

何度目なんどめ青空あおぞらか?
かぞえてはいないだろう
しずみまたのぼ
たりまえ毎日まいにち
なにわすれてる
何度目なんどめ青空あおぞらか?
青春せいしゅん見逃みのがすな
夢中むちゅうきていても
ときには見上みあげてみよう
(れたそらを)
いま自分じぶん無駄むだにするな

じてみればこえてるだろう
きみしっはなしにしてるおと
ぼくらもそられだけじゃない

このつぎ青空あおぞら
いつなのかわからない
だからいま 空見上そらみあなにかをはじめるんだ
今日きょうできることを…
このつぎ青空あおぞら
自分じぶんからづくだろう
なみだあふれてても
太陽たいようにじまないさ
(ちゃんとれば)
きみはもっとつよくなれるよ
いまきるんだ
(ときながれても)
ぼくながされない