「失いたくないから」の歌詞 乃木坂46

2012/2/22 リリース
作詞
秋元康
作曲
蛯原ランス
文字サイズ
よみがな
hidden
水道すいどう蛇口じゃぐち
かおちかづけ
つめたいみず
のどなが
ななめにえる
あの青空あおぞら
どんなときぼく味方みかただった

せみごえ
ぐるりとかこまれた
校庭こうていつちんだ
なつ微熱びねつ
きみしろいシャツとグレイのスカートが
蜃気楼しんきろうのように
せつなくれてた

こころなか
しずかにかぜはじ
ふと本音ほんねさわ
だれかをきになるのは
一人ひとりになりたくないから

コンバースのひも
なおりして
きみのことだけ
ずっとていたよ
かわいたのど
いやせるけれど
むね砂漠さばく
いつでもなにしずんで

くもすこしだけ
かげ縁取ふちどって
あっとにザザーっとあめはじ
夕立ゆうだちになる
きみあたまうえ学生鞄がくせいかばん かざしてはしるよ
ついてないって
素敵すてき笑顔えがおで…

だれにもきっと
うしないたくないものがあって
そう なかなかせない
だれかをきになったら
だれもが臆病おくびょうになるだろう

ひっくりかえした
バケツのあと
体育館たいいくかんうえ
にじかってる
一緒いっしょながめた
ぼくらのそら
こい仕方しかた おしえてはくれない

AH~否定ひていしたって
まぶたじれば
きみおもかぶ

水道すいどう蛇口じゃぐち
かおちかづけ
つめたいみず
のどなが
ななめにえる
あの青空あおぞら
どんなときぼく味方みかただった